ミュゼ 新札幌

自分の肌に合う保湿クリーム

自分の肌に合う保湿クリームを見つけ、きちんと使いましょう。一口に保湿クリームといっても種類は豊富で、原材料や肌への影響は色々です。どの保湿クリームにすべきか判断に迷う人も多いようです。保湿クリームの上手な選び方についていくつか調べてみました。手足の乾燥対策に保湿クリームを使ってみたいというのであれば、馬油やワセリンという方法もあります。利用する部位や乾燥の程度で成分を選択する考え方です。どちらの成分も脂で構成されているためにべたつきを感じることもありますが、肌への刺激が少ないので、肌が弱い人や子どもでも安心して使うことができます。ビタミンEやビタミンAが含有されている保湿クリームは、顔の保湿を目的として利用できます。保湿クリームにコラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、スクワランなどお肌の状態を整える効果がある成分が含まれているものもあります。肌を保湿すると同時に、美肌に良いとされるビタミンAやビタミンAを取り入れてきれいに肌になるというものです。肌の保湿に効果的なコラーゲンやヒアルロン酸は、肌のみずみずしさを維持する成分です。セラミドを補給することで、肌の防衛力を高め、寒い環境の中でも肌の保湿力をキープします。保湿クリームに含まれる成分もいろいろとありますので、自分の肌の状態や使う場所に合わせて選びましょう。冬場の肌の防衛機能が低下しやすく、ちょっとの刺激がかゆみや痛みに転じることがあります。保湿クリームは刺激の少ないものがおすすめです。

 

トップページに戻る