ミュゼ 新札幌

にきびケアでの洗顔の必要性

毎日の洗顔をすることが、にきびケアにとってとても重要です。にきびとはそもそも雑菌が繁殖することが原因なのですが、分泌された皮脂や古くなった角質層が毛穴が詰まることによって起こります。毎日の洗顔で取り除くのは、古くなった角質層やこの過剰に分泌された皮脂です。油分が皮膚に残っていると酸化して過酸化脂質になり、ダメージを肌を刺激することで与えてしまいます。にきびがそれが原因で悪化することになり、負のスパイラルに陥ってしまいます。丁寧な洗顔が、にきびができにくい肌をキープするためには不可欠ですが、だからといって過度に洗うのはおすすめできません。にきびを防ぐために1日に何回も、皮脂の分泌が過多の人は洗顔をしているのではないでしょうか。もちろんにきびのない肌になるために重要なのは肌を清潔にしておくことですが、皮脂が過剰に分泌するのを洗顔のしすぎによって反対に助長してしまうといいます。安定した量の油分が皮膚にとって必要なのは、保湿や外側からのダメージから肌を守る働きがあるからです。あまりにも洗顔の回数が多いと、肌にとって不可欠な油分まで失ってしまいます。どんどん肌をべたつかせることに、肌がよりたくさんの油分を分泌していってしまうのです。1日2回くらいに洗顔の回数を制限し、きちんとその2回で洗顔をすることでにきび予防を効果的に行うことができます。大事なことは正しい洗顔の方法を覚えて、効率よくにきびを予防する洗い方をすることなのです。

 

ミュゼ新札幌店.biz