ミュゼ 新札幌

にきび予防に有効な洗顔の方法

にきび予防の基礎となるスキンケアが、洗顔です。洗顔はにきびを予防するためにも、なるべく早くできたにきびを解消するためにも必要なものだといえます。ゴシゴシと皮膚を力を入れてにこすったり、クレンジングを必要以上にすると、肌を反対に傷つけてしまうこともあるでしょう。有効な洗顔方法を知っておくことが、にきびを作らないための大事なポイントなのです。汚れや不要な油分は取り除きながら、皮膚にダメージを与えすぎず、皮膚に必要な水分まで失わせてしまわないことが、洗顔をするときのポイントです。顔をまずぬるま湯で下洗いします。皮膚の水分がお湯が熱すぎるとなくなってしまいますので、お湯ば30〜34度のものを使用するのがポイントです。汚れの70%は、さっとぬるま湯で顔を洗うだけで除去することが可能です。もし洗顔料を使うのであれば、しっかりと手のひらで泡立ててからがおすすめです。泡だけで顔に触れるような感じで顔に泡を伸ばした方が良いので、弾力が出るまで泡立てましょう。市販の泡立てネットは、泡がなかなかうまくできない人におすすめです。泡での洗顔が終了したら、丁寧にぬるま湯ですすぎあげます。よく水分を吸収するタオルを、洗顔がすべて終わったら顔を摩擦せず押すようにして顔の水分を取りましょう。日々の洗顔を丁寧に行うように心がけることで、にきびのない肌を手に入れましょう。

 

トップページに戻る