ミュゼ 新札幌

お腹はどうやったら引き締めることができるのか4

薄着の季節になるまで、お腹の引き締めは先送りにしているという人は少なくありません。今はまだ冬だからと何の手立ても講じないでいると、気づくと夏がすぐそこまで迫っているという状況になってしまいます。ということで、いつ春がやってきてもいいように、始めて1週間からでも効果がでる、お腹の引き締め方法についてお話しましょう。引き締め方法を理解するためには、筋肉の成り立ちを知っておくことです。筋肉がなければ、お腹の引き締めをしたくても、効果を得ることはできないためです。筋肉は輪ゴムに例えられる事があります。輪ゴムは、伸ばしきった時に弱くなりますが、筋肉の場合は伸ばしきった状態だと負荷がかかりやすい状態になります。筋肉をにより多くの負荷をかけるためには、筋肉がいっぱいに伸びている時です。お腹の筋肉以外の部分にも言えますが、筋肉は重みがかかって縮むと、より強い、衝撃に耐えられる筋肉になります。しっかり伸ばし、できるだけ縮めることが、筋肉トレーニングの基本です。お腹や、体の様々な部位あった伸ばし方と、縮み方をするように注意しましょう。ですが、お腹周りの筋肉は脂肪などが多いため伸びにくく、そのため引き締めることが難しいと言えます。ストレッチを続けているのに筋肉が増強されない人、お腹の引き締めが期待どおりにできない人は、筋肉の動かし方に問題があると考えられます。なかなか、効果が出ないからといって、まったく運動しないのでは、お腹の引き締めはできません。お腹の引き締め効果が期待できる運動は、一日に10分程度でいいので、継続することが重要になすります。

 

ミュゼ新札幌店.biz