ミュゼ 新札幌

正しいストレッチ方法でお腹を引き締める

わき腹の筋肉をストレッチによって伸ばすことが、引き締め効果になります。人間の上半身は、骨盤の上に乗っています。骨盤がゆがんだり、ずれたりしていると、上半身の向きも自然と変わってしまい、真横にそらしたいと思っても、体か違う方向を向いてしまうことがあります。正しいストレッチができていれば、わき腹の筋肉である腹斜筋が伸びて、お腹を引き締める事ができます。けれども、運動そのものはシンプルでも、思うとおりに体を動かすことは案外と大変です。上体を真横に倒すという簡単な内容でも、なかなか奥深いと感じるのではないでしょうか。ですが、逆に言うなら、伸ばしにくいということは、普段の生活の中でも、あまり伸ばす事がない部位とも言えます。普段の生活でもよく動かす場所ならば、使い慣れている分、ストレッチは簡単にできます。下腹部は、脂肪が特につきやすい場所です。そのため、運動でお腹を引き締めるには、たくさん運動をしなければいけないことになります。仮に、わき腹の筋肉を使う方法を体に覚えさせることができれば、お腹の引き締め効果は少しずつ出てくることでしょう。お腹や、足首は、油断すると脂肪がついて、たるみが気になるようになります。筋肉を刺激することが、時々しかないからです。お腹がたるむ原因といわれているのが、猫背です。普段オフィスワークなどをしている時に、猫背になっていることはないでしょうか。目の前の仕事に熱中するあまり、姿勢の維持を忘れてしまって、猫背体勢になってしまっていることがあります。猫背という事は、背中を丸めているので、お腹に力が入っていない状態なので、どうしてもお腹がたるんでしまうのです。お腹がたるまないように、わき腹を伸ばすエクササイズで、下腹部を引き締めるようにしましょう。

 

ミュゼ 新札幌のページはこちらです。